特集 URT! URT!

URT Clothing 日本正規販売店

2019年、MIL-FREAKSはアメリカのカリフォルニア・コロナド発のアパレルブランド URT! URT! (URT Clothing) の正規販売店としてURT製品の取り扱いを始めました。

URTに聞き覚えのある装備ファンの方も少なくないと思いますが、初めて聞いたという方も多いのではないかと思います。この特集ではURT! URT!の紹介とSEALとの結びつきについて紹介します。

I AM AND YOU ARE, WE ARE ALL URT

カリフォルニア州南方に位置するサン・ディエゴ湾に横たわる長いビーチの先に、コロナドという町があります。3kmにも及ぶ美しいビーチでサーフィンやフィッシング、マリンスポーツを楽しむ人が訪れる美しい町で、URTはそのコロナドをホームとして誕生したファッションブランドです。

01_urt
URTの創設者 Ian Urtnowski氏

西海岸のリゾート地というバックグラウンドを持つコロナドですが、もう一方では米海軍の一大拠点としての一面も持っており、また多数のSEALチームのHQを構えています。

バージニアビーチのSEALチーム(チーム2, 4, Devgru, 8, 10, 18)が東海岸系と呼ばれていますが、西海岸のSEALチーム(チーム1, 3, 5, 7, 17)はこのコロナドにルーツを持ちます。
有名なSEALの選抜訓練 BUD/Sが行われているのもこのコロナドで、多くの海軍の軍人がこの町で生活しコロナドの海を愛しています。

03_urt
BUD/S (Basic Underwater Demolition/SEAL: SEAL選抜訓練) の様子

URTの代表 Ian Urtnowski氏はコロナドで育ち、やがてライフガードとして働くようになりました。トレーニングの休憩中に趣味であるサーフィンを楽しんでいた時、Ian氏の友人が彼のニックネームを呼びました。

“URT! URT!”

呼び声に振り向くと、一頭のカリフォルニア アシカがIan氏に向かって吠えていたそうです。その時、URTのアイデアが頭に浮かび、彼のブランドが始まりました。

03a_urt

 

URTとSEAL

コロナドでの生活はNavy SEALと切っても離せないもので、多数のIan氏の友人や同僚がSEALに入隊しました。URTが立ち上がってから間もなくして、URTのロゴを小隊パッチとして使わせてほしいと友人から頼まれ、そしてまた違う友人からもと、そういった機会が何度も続きました。

友人の小隊は派遣先でURTロゴのステンシルを作成し、基地内だけでなく、小隊が通過したサイン・マーキングとして街中にペイントしていました。

2011年 5月、オサマ・ビン・ラディンを倒した感謝の気持ちを込めて、記念Tシャツ “THANK YOU SEAL” を100着製作しSEAL隊員へ無料配布を行ったことで、URTとSEALとの関係は一層深く強いものへ変わっていきました。

URT THANK YOU SEALs  OLIVE HEATHER


URTはこれまでに非常に多くの小隊ロゴのデザインを担当し、西海岸SEALが使用するウェアの殆どはURTが生産に携わっています。更に、SEALで殉職された隊員のための追悼品もURTがサポートを行っています。

10_urt

12_urt


また、サーファーなどに向けた速乾性や着心地に優れたアパレル製品を多く揃えていることから、多くのSEAL隊員がトレーニングやワークアウトで愛用しています。

06_urt


SEAL隊員のリクエストから製品化した商品も存在しており、水に濡れることの多い海軍ではコットンを使用した通常のキャップが使いにくいという声に応えた、吸収速乾性と伸縮性に優れた “OPERATOR” キャップをリリースしています。

08b_urt

09_urt


MIL-FREAKSの正規取り扱いを記念した初回コラボ ロゴTシャツのブラウンヘザーとチャコールグレーヘザーは、実際にSEAL隊員が発注した特別色と同じ色を使用しています。

15_urt

Ian氏は同じサーファー同士として、また親しい友人として、後述するSEAL オペレーター 故Charles Keating IV氏と深い結びつきがありました。

Charles Keating IV氏はURTを好んで使用しており、私生活のみならずSEALとしての派遣時もURTの製品を持ち込み、愛用していました。

02_urt
Keating氏はアフガニスタンにランプを作ってしまうほどのスケボー愛好家でした。

Keating氏の残存する写真では、アシカ (SEAL) が吠えるURTロゴのパッチやキャップをSEALが使っている、というユーモアあふれる写真が多く残っているのもURT、そしてコロナドの海への深い愛着が伺えます。

Charles Humphrey Keating IV

04_urt


2007年 2月に海軍に入隊し、2008年にBUD/S トレーニングを卒業。

Operation Iraqi Freedomにおいて2回のイラク派遣、Operation Enduring Freedomを支援するためにアフガニスタンへ赴任。その後、西海岸のスナイパー/偵察トレーニンググループにインストラクターとして就任し、2015年 2月にコロナドに本拠を置くSEALチーム 1に配属されます。(NSW Group 1の発表による)

11_urt


イラクとシリアでのISISとの戦闘が続いていた2016年 5月3日、北イラク Tel Askufに展開していた米軍 (Advise-and-assist チーム) とペシュメルガ(クルディスタン自治政府軍)はISISの激しい奇襲攻撃を受け、QRF (Quick Reaction Force: 緊急即応部隊) を要請。

Operation Inherent Resolveのサポートとして3回目のイラク派遣に参加していたKeating氏は、QRFのSEALチームとして応援に駆けつけ、総勢125名のISISとの大規模な戦闘に加わりました。

戦闘中、SEALsは弾薬不足に陥り、Keating氏は自身のMK46マシンガンの不調によりスナイパーライフルに切り替えて攻撃を続行するも、ISISの反撃により釘付けになり被弾。

戦闘は2時間にも及び、激しい銃撃戦の結果Keating氏を含む多数の犠牲者を出してしまいました。

Keating氏は約100名のISIS戦闘員と戦った戦功、友軍に対する献身的で勇敢な行動が称えられ、米軍で三番目に名誉のあるシルバースター メダルを授与されました。この功績は後に米軍内で二番目の名誉となる、ネイビークロス メダルへアップグレードされています。

URTのサポート

05_urt


Keating氏の訃報を聞いたIan氏は喪に服す中で、人は人それぞれ独立した力を持っていると感じました。Ian氏にとっての強みとはTシャツを作ることでした。

URTはすぐさま募金を募り、Keating氏の葉巻をくわえた有名な写真を使用した記念TシャツをKeating氏の追悼式の参加者1,600名への配布用として提供し、その後 Charlie Humphrey Keating IV Foundation (C4 FOUNDATION) への協力が始まりました。

※C4 FOUNDATIONはKeating氏の名前 C4 (Charlie 4世) を冠した慈善財団で、現役のSEAL オペレーターとその家族への派兵による負担軽減と派兵後の適応移行時によるストレス軽減を、科学に基づくプログラムを通して支援しています。

URTではブランド内でC4 FOUNDATION へのチャリティー・ラインを展開し、積極的に財団を支援しています。Keating氏は陽気でサーフィンと海を愛し、頻繁に「気楽に行こう」「すべて順調」を意味するハワイのハンドサイン “Shaka” を使っていたことから、 “Aloha Warrior” というニックネームで親しまれていました。

URTでは、Aloha Warriorを “Bone Shaka” ロゴとともに追悼し、チャリティー製品としてラインナップしています。“Bone Shaka” チャリティー製品の売上は全て財団へ寄付され、現役のSEALとその家族をサポートするために使用されます。

C4 FOUNDATIONの意向により海外の販売店である当店は、C4 FOUNDATIONのロゴが入った製品を輸入販売することができませんでしたが、“Bone Shaka” を筆頭にKeating氏を追悼したチャリティー・ラインを多く取り揃えています。また、当店では財団への協力を惜しまないURTをサポートすることも一つの間接的支援と考えています。

07_urt


Ian氏はMIL-FREAKSに向けて、こう述べています。

“チャーリーを二度死なせないことがURTでのチャリティーの目標です。彼はイラクで一回死んでしまったが、二度目の死は、我々みんなが彼の名前を忘れてしまうことで起きる。URTは絶対にそんなことはさせない。”

13_urt
R.I.P.

URT製品一覧

14_urt

人気の記事

  • 特集:13時間 装備

    2017年9月27日

  • 特集:Crye Pricision AVS

    2017年8月4日

  • 特集:URT!URT!

    2019年8月6日

  • マスグレー装備に使えるあれこれ

    2017年9月5日

  • 【小技】LV-MBAVの活用法

    2019年4月16日

お支払い方法について

クレジットカード決済

VISA/MASTER/DINERS/JCB/AMEXをご使用いただけます。

代金引換(商品到着時支払い)

別途代金引換手数料がかかります。

銀行振込(前払い)

振込先銀行
みずほ銀行 北沢支店 普通 1157064 キタガワ リヨウスケ
三菱東京UFJ銀行 錦糸町支店 普通 0784258 キタガワ リヨウスケ
楽天銀行 第二営業支店 普通 7271064 シ)キタガワシヨウテン

詳しくはこちらをご覧ください。

メールが届かないお客様へ

アカウント登録後、ご注文確定後、発送完了後に
自動的にメールをお送りしております。

お問い合わせなどについても土日祝日など休業日を跨いでいる場合お時間が掛かってしまう場合もありますが、必ずご返答しております。 お問い合わせや登録、注文をしたにも関わらず当店からのメールが届かない場合、以下の原因が考えられます。
  • フリーメール(hotmailやYahoo!、goo、gmailなど)を利用している。
  • 登録メールアドレスが間違って登録されている。
  • 登録メールアドレスが携帯メールアドレス。

詳しくはこちらをご覧ください。

それでも見つからない・届かない場合、ご不明な点などございましたら携帯メール以外のアドレスより info@mil-freaks.com までご連絡いただけますようお願い致します。

配達の所要日数

本州全域+四国+九州中部(宮崎県と鹿児島県を除くエリア)が翌日到着。
図の青いエリアへは、発送の翌日に到着するようになりました。
※東北や九州などへのお届けの際に早い時間帯の指定を行うと、
配達が翌々日に調整されることがあります。

詳しくはこちらをご覧ください。

当日お届け超速便サービス

詳しくはこちらをご覧ください。

返品/交換・サイズ交換について

  • 返品について

    ご注文確定後2週間以内は、初期不良・内容品欠品など商品自体に不備がある場合、無償交換/返品を承っております。
    交換対象品の在庫がない場合、ご返金での対応とさせていただきます。申し訳ございませんが予めご了承ください。

  • サイズ交換サービスについて

    サイズ交換サービスとは弊社倉庫までの返送送料をご負担いただくだけで、無償で他サイズに交換するサービスです。 (お客様への復路送料はかかりません)サイズ交換対象品に限り、交換を承っております。

詳しくはこちらをご覧ください。